minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[関東リーグ2部]リトルなでしこ候補選出の松本が2ゴール、初陣のFC十文字が白星発進

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

関東女子サッカーリーグ2部は16日、17日に4試合が行われた。十文字学園女子大学グラウンドではFC十文字VENTUSと国士舘大学が対戦(第3節の試合)。今年1月の入替戦トーナメントを勝ち抜いたFC十文字が初戦を迎えている。

最初にチャンスをつかんだのは、U-17日本女子代表候補合宿に召集された十文字の松本茉奈加だった。4分にDFラインからのロングフィードを引き出すと、右サイドを駆け上がってゴール前にクロスを送る。このボールは逆サイドから走り込んだ村上真帆の頭にわずかに届かない。だが続く7分、スピードに乗ったドリブルで最終ラインの裏へ抜けると、GKとの1対1から冷静に先制点を決める。

その後も試合を優位に進めたのは十文字。17分には佐藤珠実のラストパスに抜け出した村上、27分には松本が追加点。3-0として迎えた30分には松本がドリブルでペナルティエリア付近へ侵入。国士舘DFが松本の突破を阻んだが、こぼれ球を拾った小林一歩が決め、勝負を決定づける4点目。十文字が4-0とリードして前半を折り返す。

チームの切り込み隊長である渡辺瑞稀の突破を封じられた国士館大も後半にはいって反撃を開始する。54分には渡辺が相手陣内で横パスをインターセプト。そのまま縦に抜け出し、ゴール前へクロス。このボールに走り込んできた三村玲奈が押し込み、まずは1点を返す。さらに79分には右スペースを駆け上がった三村の折り返しを渡辺がねじこみ、立て続けにゴールを決める。

2点差に迫った国士館大だったが、反撃もここまで。FC十文字はアディショナルタイムに左CKを得る。キッカーの鈴木紗理は敵味方入り乱れるゴールエリア付近を避け、左足でグラウンダーのボールをけると、ペナルティエリア付近で待ち構える村上が左足を振り抜く。このボールが豪快にネットに突き刺さり、ダメ押しの5点目。試合は5-2でタイムアップ、十文字が昇格初戦を白星で飾った。

FC十文字は翌17日にアウェイで武蔵丘短期大学シエンシアと対戦。山嵜菜央にハットトリックを許すなど、1-5で敗れている。次戦は24日、アウェイで尚美学園大学と対戦する。

<試合結果>
■第3節
FC十文字VENTUS 5-2 国士舘大学

▽得点
7分 松本茉奈加(十文字)
17分 村上真帆(十文字)
27分 松本茉奈加(十文字)
30分 小林一歩(十文字)
54分 三村玲奈(国士舘)
79分 渡辺瑞稀(国士舘)
90+4分 村上真帆(十文字)