minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[チャレンジリーグEAST]第4節|オルカ鴨川が開幕4連勝、常盤木との上位対決でも無失点守る

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

プレナスチャレンジリーグEASTは5月7日、8日に各地で第4節を開催。常盤木学園高校が宮城県サッカー場にオルカ鴨川を迎えた一戦は、0-4でオルカが快勝した。

昇格1年目のオルカはここまで開幕3連勝、勝ち点9で首位に立つ。1試合消化が多い常盤木は2勝2分で勝ち点8、1ポイント差で2位に付けている。リーグ首位チームと昨シーズンの覇者が、首位の座をかけて激突した。

先制点が生まれたのは13分。右スペースを突いた佐藤衣里子の折り返しを逆サイドの西尾麻奈美がシュート。このボールは常盤木GK鈴木あぐりが好守でCKに逃れたが、そのCKを西尾が直接ゴールにけりこみ、オルカがリードを奪った。

素早い好守の切り替えを見せたオルカは、先制後も主導権を握り続ける。24分には佐藤のドリブルからのシュートがゴールポストを直撃。この場面は常盤木DFが必死のクリアで追加点を許さない。

だが32分、オルカは宮本真緒がけったFKのボールに髙橋奈々がドンピシャのヘッド。続く39分には、ショートコーナーから石井友莉奈がゴール前にクロス。このボールをふたたび髙橋が頭で叩き込む。昨年までの4シーズンを過ごした仙台に凱旋した髙橋が空中戦で強さを発揮し、3-0とリードを広げて前半を折り返す。

★★★

後半も攻撃の手を緩めないオルカは51分、相手の隙を逃さず勝負を決定づける。パスミスを奪った永木真理子が松長佳恵にパス。松長が持ち込み、GKとの1対1から冷静にゴールネットを揺らす。

相手の出鼻をくじいたオルカの北本綾子監督は、次々とベンチメンバーを送り込む。81分にはキャプテンのGK有馬静佳に代えて、常盤木OG河邉花観を投入する采配を見せる。常盤木の攻撃を前後半合わせてシュート2本に抑え、4-0で勝利。開幕からの連勝を4に伸ばし、首位の座を守った。

<試合結果>
■チャレンジリーグ第4節
常盤木学園高校 0-4 オルカ鴨川

▽得点
13分 西尾麻奈美(オルカ)
32分 髙橋奈々(オルカ)
39分 髙橋奈々(オルカ)
51分 松長佳恵(オルカ)