minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[FC十文字VENTUS]将来のなでしこリーグ昇格目指し、チャレンジリーグへ加盟申請

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

関東女子サッカーリーグ2部に所属するFC十文字VENTUSが2017年度のチャレンジリーグ加盟申請を行った。それに伴い、新規登録選手を募集している。

十文字高校のセカンドチームとして創設されたFC十文字VENTUSは、2011年に東京都女子サッカーリーグ4部に参戦。その年のリーグ戦で優勝すると、3部と2部も1シーズンで通過して1部に昇格する。

2014年シーズンは1部2位に終わったが、翌2015年に優勝して関東女子サッカーリーグ入替戦トーナメントに進出。1回戦でKASHIMA-LSC、2回戦で山梨大学を下して入替戦への進出を決めると、太田レディースSCとの入替戦に4-1で勝利して関東リーグに昇格した。今シーズンの関東女子サッカーリーグ2部では、2試合を残して3位につけている。

12日に実施されたヒアリングは、「問題ない」(石山隆之監督)。昨年3月には十文字学園女子大学(埼玉県新座市)に人工芝グラウンドがオープンし、今夏にはクラブハウスが完成した。近隣の自治体、清瀬市・新座市とも強固な連携を築いていおり、あとは競技面で結果を残すだけ。11月に予定されているチャレンジリーグ入替戦予選大会(日時未定)を経て、11月12・13日と19日・20日に行われるチャレンジリーグ入替戦に臨む。

チームはこれまで高校生主体で戦ってきた。だが、11月は全日本高校女子サッカー選手権の関東大会が予定されている。また、同じ傘下である十文字学園女子大学も関東大学女子サッカーリーグの試合が組まれている。そのため、入替戦に向けて新規登録選手を募集しているとのこと。来シーズンは18歳以上の選手を主体として構成され、高校生は下部組織登録選手として登録する意向だという。

タグ: