minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[U17女子W杯]従来の技術にスピード加わり躍動したリトルなでしこ、圧倒的な強さでベスト4進出

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)

 中東のヨルダンで開催されている初めてのサッカーの世界大会、FIFA女子U−17ワールドカップで、「リトルなでしこ」が躍動している。グループリーグを3戦全勝、得点13、失点2で突破した後、準々決勝ではイングランドと対戦。これも圧倒的な試合内容で3−0と快勝して、2014年コスタリカ大会に続く連覇が視野にはいってきた。

 準決勝の相手はスペイン。10月17日午後7時(日本時間18日火曜日午前1時)に首都アンマンで行われる。ちなみに、もうひとつの準決勝はベネズエラ対北朝鮮。同日の午後4時(日本時間午後10時)にキックオフだ。

 前回、決勝戦でスペインを2−0で下して念願の初優勝を飾った日本。しかし第1回大会以来のこの大会での日本の記録は群を抜いている。

2008年にニュージーランドで始まったこの大会に過去4大会連続出場を果たし、20戦して16勝2分け2敗、勝ち点50は、2位の北朝鮮(21戦11勝6分け4敗、勝ち点39)を大きく引き離しているのだ。第1回大会の岩渕真奈をはじめ、毎回圧倒的なテクニックをもった選手を並べ、体は小さくてスピードはなくても、ショートパスをつないで攻め崩してしまう日本に、世界は手を焼いてきた。

 だが、今回、楠瀬直木監督が率いるリトルなでしこはひと味違う。テクニックの高い選手がそろっているのはもちろん、今回はスピードをもった選手が多く、チームとしても相手ゴールに向かうスピードが群を抜いているのだ。スピードのある攻撃に不可欠なボールなしでのスプリントの回数が多く、その距離も長いのが、今回のチームの大きな特徴だ。

こちらの記事は有料会員専用コンテンツとなっております。続きを読む場合はログインしてください。課金登録をされていない場合は、ログイン後に課金状況ページより課金登録を行ってください。

ログインする