minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[U17女子W杯]日本女子サッカー育成の成功を示したリトルなでしこ

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)

 PK戦はいつも残酷だ。

 後半22分から左サイドバックとして出場し、守備を引き締めるだけでなく攻撃面でも質の高いプレーを見せていたDF金勝里央(浦和レッズレディースユース)のキックがバーを超え、「リトルなでしこ」のFIFAU−17女子ワールドカップ連覇が消えていった。

 ボール支配率60%、シュート数は相手の3.5倍にもあたる24本。だがアジア予選の決勝戦で0−1の敗戦を喫した北朝鮮のゴールを破ることは、ついにできなかった。

★★★

 9月30日から10月21日まで中東のヨルダンで開催されていたFIFAU−17女子ワールドカップ。日本は2大会連続3回目の決勝戦進出を果たしたが、準優勝に終わった2010年大会と同様、PK戦を4−5で失い、2014年大会に次ぐ連続優勝はならなかった。

 だが今大会の「リトルなでしこ」の戦いぶりは、優勝1回、準優勝1回、ベスト8が2回という抜群(世界でナンバーワン)の成績を収めてきた過去4大会のどの大会にも、当然、6戦全勝で優勝を飾った前大会にも負けないほどすばらしかった。

こちらの記事は有料会員専用コンテンツとなっております。続きを読む場合はログインしてください。課金登録をされていない場合は、ログイン後に課金状況ページより課金登録を行ってください。

ログインする