minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[U20女子W杯]新時代への希望を感じさせるヤングなでしこの銅メダル

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)

 2016年は、日本の女子代表チームにとって記憶に残すべき年だったと思う。

 日本の女子代表は、「なでしこジャパン」の下にU−23、U−20、U−17の3つのカテゴリーがあり、アジアでも世界でも大会のないU−23以外の3チームがことし世界の頂点を目指した。

 佐々木則夫監督の下、2011年女子ワールドカップ優勝、2012年ロンドン五輪銀メダル、2015年女子ワールドカップ準優勝という偉業を成し遂げたなでしこジャパンは、2月末から3月上旬にかけて大阪で行われたリオ五輪のアジア最終予選に出場し、6チーム中まさかの3位に終わってオリンピック出場を逃した。

 しかしU−17(リトルなでしこ=楠瀬直木監督)は10月にヨルダンで開催されたFIFA U−17女子ワールドカップで準優勝、U−20(ヤングなでしこ=高倉麻子監督)は11月から12月にかけてパプア・ニューギニアで開催されたFIFA U−20女子ワールドカップで3位という好成績を残した。

こちらの記事は有料会員専用コンテンツとなっております。続きを読む場合はログインしてください。課金登録をされていない場合は、ログイン後に課金状況ページより課金登録を行ってください。

ログインする