minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権]花咲徳栄のチームリーダー風間菜々、「チームに何かを残してあげたい」

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

埼玉県勢が3年ぶりに選手権の舞台に戻ってくる。花咲徳栄は昨年度のインターハイで全国初出場を果たすと、今年は選手権の出場権を獲得。2年連続で全国大会の切符を手にした。

今年のチームは昨年度末の埼玉県新人戦で準優勝したものの、インターハイは県予選準決勝で入間向陽に0−0からのPK戦に敗れる。雪辱を期して臨んだ今予選では、県予選の決勝リーグを2位通過。関東大会では7位決定戦で幕張総合に3−1で逆転勝ち。最後の切符を手中に収め、選手権初出場を決めた。

統率力に優れる主将の青山美里(3年)と強さをもつ吉田紗季(2年)のセンターバックコンビを軸とした堅い守備がチームのベース。攻撃では左右のアタッカー、佐々木葵(2年)と加瀬田彩華(1年)の突破力を武器に、相手の守備網を突き崩す。

中盤で大沼歩加(1年)とともにボランチを務め、攻守において舵取り役を担っているのが風間菜々(3年)だ。試合ではキャプテンマークを巻き、ゲームキャプテンとしてチームを牽引。主将の青山とともにピッチ内外でリーダーシップを発揮し、チームを束ねてきた。その成果として選手権初出場につながったわけだが、予選では悔しさも味わったという。

「3年生なので自分たちの力で(全国へ)行きたいと思ったんですけど、自分が受験する前に決められなかった。みんなが7位決定戦で決めてくれて、すごく嬉しかったんですけど、その反面、自分の力で行かせてあげられなかったという悔しさもありました」

大会最終日が大学受験が重なっていた風間としては、その前日までに全国出場を決めたいところだった。だが、日本航空との順位決定戦(5-8位決定トーナメント)に0−1で惜敗。全国出場のかかった7位決定戦のピッチに立つことができなかったのだ。

「それ以来、練習とか試合にも誰よりも力強く気迫を持って取り組むように意識が変わりました。7位決定戦は下級生たちが活躍してくれた。全国大会では3年生の力を見せてあげたいし、(後輩たちに)何か残してあげたい」

初戦の相手は九州代表の福岡女学院。初出場校同士の対戦で勝利をつかみ、チームとして新たな歴史を刻む覚悟をもって、最初で最後の選手権に挑む。