minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[なでしこジャパン]アルガルベカップで新エースの座を確保した横山久美

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)
 高倉麻子監督率いるなでしこジャパン。2019年女子ワールドカップ(フランス)と2020年東京オリンピックに向け、早くも「新攻撃陣」が見え始めた。

 2011年の女子ワールドカップ優勝から、なでしこジャパンの攻撃陣はほぼ固定されてきた。右MFに川澄、左MFに宮間、そして2トップには大儀見(永里)と大野…。昨年3月のリオ・オリンピック予選まではほぼこの形だったのだが、5月に高倉監督就任後は永里だけが残り、その永里も「クラブでのプレーに集中したい」と代表を辞退、ことし3月1日から8日までポルトガルで行われたアルガルベカップではまったく新しい攻撃ラインがテストされ、ポジティブな結果を残した。

 大会自体は、世界のトップ4チームが昨年スタートしたアメリカの「SheBelieves Cup」に出場したためやや寂しいものとなった。そのなかでもなでしこジャパンはグループリーグでスペインに1−2で敗れ、アイスランドとノルウェーに2−0、5−6位決定戦でオランダに2−3と2勝2敗。結果自体は輝かしいものではなかった。

こちらの記事は有料会員専用コンテンツとなっております。続きを読む場合はログインしてください。課金登録をされていない場合は、ログイン後に課金状況ページより課金登録を行ってください。

ログインする