minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[高校総体関東大会]3年ぶり出場権獲得の日本航空、メンタル面の強さを発揮した常磐大学戦

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

日本航空(山梨)は3日から5日まで埼玉県内で開催された第6回関東高校女子サッカー大会で3位となり、インターハイ出場を決めた。優勝を飾った星槎国際湘南(神奈川)との準決勝には0−2で敗れたものの、花咲徳栄(埼玉)との3位決定戦に2−1で勝利。3年ぶり3度目となる出場権を獲得した。常磐大学(茨城)との1回戦では試合中のアクシデントを乗り越え、5−0で快勝を飾った。

試合が動いたのは前半9分。加藤梨子の左CKがゴール前にこぼれると、混戦から井住菜南が押し込んだ。「1点目はどんな形でもいいからゴールを決めたかった。泥臭くても決められたことがよかったです」と、今年から10番を背負う井住は胸に秘めていた想いを明かす。

立ち上がりの先制点でいい試合の入り方ができた日本航空。その後も左右のウイングバック、漆間花菜子と濱野綾芽が幾度もオーバーラップを仕掛け、サイド突破や中盤との絡みで崩しにかかる。対する常磐大もCBで10番の青天目紗妃を中心にゴール前で抵抗を続ける。なかなか追加点が奪えないなか、ハイボールの競り合いで青天目と日本航空FW中西彩稀が激突。ともにプレー続行が不可能となり、交代を余儀なくされる。

このプレーが試合の流れを決定づけることとなる。常磐大はそれまで前線で体を張ってボールを収めていたFW沼田悠花を青天目が抜けたCBの位置に下げる。沼田は最終ラインで奮闘を見せたものの、相手DFを背負いながらボールを収めていた沼田不在の前線で起点を失うこととなった。

仲間の負傷に動揺を隠せない常磐大に対して、日本航空は切り替えが早かった。前半33分、左サイドからボールをつなぐと、中西に代わって投入された冨尾見怜のパスに抜け出した加藤がゴールへ流し込む。約15分の中断を経た試合再開からわずか5分後の追加点だった。

「選手が慌てず、再開してすぐ2点目も奪ってくれた。メンタル的にも成長が見られたし、代わった選手も仕事をしてくれた」と、大村徹監督も選手の成長に手応えを口にする。2−0で折り返した後半も攻撃の手を緩めない。中央とサイドを効果的に使ってゴールを積み重ねていった。

後半開始早々の4分には左サイドで受けた渡邉薫がGKを交わして3点目。同16分に加藤がミドルシュートをたたき込むと、同27分には井住のヘディングに合わせて背後に飛び出した冨尾がゴールラッシュを締めくくった。

「アクシデントで集中力が切れそうな時も声を出すことだけは続けると決めていた。それを全員でやりました」と井住。思わぬ事態に見舞われながらも、メンタル面の充実が5−0という圧勝劇につながった。