minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[なでしこジャパン]守備の粘り強さがもたらした無失点勝利、オランダ戦で示したチームの進歩

トピックス 大住良之(サッカージャーナリスト)

 高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは6月9日(日本時間10日)にオランダ南部、ベルギーとの国境に近いブレダでオランダ女子代表と対戦し、1−0の勝利を得た。

 オランダとは2015年の女子W杯カナダ大会のラウンド16で当たり2−1で勝った後、その年の11月の親善試合(オランダ・フォレンダム)、ことし3月のアルガルベカップ(ポルトガル)順位決定戦と2試合連続で敗れていた。とくにアルガルベカップでは0−2から2−2に追いついて引き分けかと思われた後半ロスタイムに甘い守備から決勝ゴールを許し、悔しい思いをした記憶が選手たちのなかにも残っていたはずだ。

 アルガルベカップではオランダ攻撃陣のスピード、とくに右FWのファンデサンデンの馬力あふれるドリブルに振り回された。この試合でもオランダの攻撃陣はまったく同じ顔ぶれが並び、そのスピードをどう止めるかが課題だった。

★★★

 その一方で、高倉監督はいくつかのテストをした。攻撃陣の右サイドに21歳のテクニシャンMF籾木結花を先発させ、FWにはケガがちだった菅澤優衣香を起用、ボランチには猶本光を置いた。

こちらの記事は有料会員専用コンテンツとなっております。続きを読む場合はログインしてください。課金登録をされていない場合は、ログイン後に課金状況ページより課金登録を行ってください。

ログインする