minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[平成29年度高校総体]FW宮本華乃が決勝点、日ノ本学園が前橋育英の堅陣崩し準決勝へ

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

日ノ本学園は後半3分、右サイドから澁川鈴菜が放ったロングフィードに反応した宮本華乃が競り合うDFより一歩前に入り込み、右足でゴールにねじ込んだ。ボールがネットを揺らすと、宮本は一目散にバックスタンド側で応援していたメンバー外の選手たちのところに飛び込み、喜びを分かち合った。

「すず(澁川)が蹴れるので、ああいうボールはいつも狙っています。自分が前で触れるように、DFの死角に入るような動きを意識した。本当にいいボールを蹴ってくれたので、触るだけでよかったです」と、アシストした澁川をねぎらい、歓喜の瞬間を振り返った。

前半は5バックで守りを固める前橋育英を攻めあぐねた。日ノ本学園は相手の隙を探るように、最終ラインからじっくりとボールを回す。ワントップの宮本もツーシャドーの牛島理子と内藤夏鈴と連動しながら代わる代わるスペースに顔をだし、前橋育英の最終ラインに揺さぶりをかけ続けた。

「日本航空よりは相手が少し出てきてくれた。自分にも付いてきてくれたから、自分が引き付ける動きで2列目が飛び出してくれたり、死角に入ってもう一回出て行ったり。相手から消えるような動き、引き付けるような動きを意識していました」

オフザボールでの動きを丹念に続けことが後半の先制点につながった形だが、この試合にかける強い想いもまたゴールの原動力となった。大会初戦となった日本航空との1回戦でもスタメン出場。だが、同じように引いてくる相手に対してシュートすら打つこともできず、ハーフタイムで交代を告げられている。

「昨日はすごく自分の存在感がなくて、まるで空気のようだった。今日は相手が嫌がる動きとか、引き出す動きを意識してみました」。自身の不甲斐ない出来を糧に試合に臨み、DFとの駆け引きに力を注いだことが実ったのだ。

ロアッソ熊本ジュニアユース出身。「当時、(日ノ本は)ずっと優勝していて挑戦したかったのと、先輩に知っている人がいたので一緒にサッカーがしたいと思って選びました」と、平塚万貴、目原莉奈ら九州出身の先輩を慕って日ノ本学園にやってきた。1年時はインターハイで優勝を飾ったが、昨年は無冠に終わっている。今年は自らの足でチームを勝利に導き、タイトル奪還に挑む。