minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権予選]宮城|1年生コンビが活躍!宮城第一が決勝トーナメントへ

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

東北が2連勝で首位通過を果たした予選リーグAグループ。決勝トーナメントに進出する残り1枠を懸け、聖ウルスラと宮城第一が対戦した。ともに東北に敗れて勝ち点0だが、得失点差の争いで聖ウルスラ(-3)が宮城第一(-5)を上回る。勝たなければいけない宮城第一に対して、聖ウルスラは引き分け以上で勝ち抜けが決まる有利な状況だ。

両チームはインターハイ予選の予選リーグでも対戦。宮城第一が7−0で大勝を飾っている。すでに3年生が引退して新チームに移行している宮城第一に対して、聖ウルスラはキャプテンの宮腰萌ら3年生4人がインターハイ後もチームに残っている。だが本来はフィルドプレーヤーである佐々木萌子がGKを務めるなど、苦しいメンバー構成で試合に臨んでいた。

雨の中でキックオフされた試合は、立ち上がりから宮城第一が主導権を握る。1、2年生で構成されたチームの攻撃を牽引したのが木島佳保と髙橋ココロ、ふたりの1年生(ともにFCみやぎ出身)である。木島はボランチの位置からシンプルにボールをさばき、サイドやスペースへパスを送り込んでいく。左サイドのアタッカーである髙橋は、右の松本菜々恵とともに力強いドリブルで相手の守備網を切り崩していった。

自陣でのゴールキックで飛距離が出ずに相手に奪われるなど苦しい時間帯が続いていた聖ウルスラだったが、序盤に絶好のチャンスが巡ってきた。11分に得たFKの場面、キッカーの菅原すずが右足を振り抜いたボールはクロスバーを直撃。その直後にもゴール前の攻防からチャンスが訪れたが、またしてもバーに嫌われた。それでも25分には相手CKからのシュートをGK佐々木がはじくなど、体を張った守備で前半を無失点で終える。

迎えた後半、反撃に転じようと前に出てきた聖ウルスラの機先を制したのは宮城第一だった。同2分に髙橋、その1分後には木島がミドルシュートをゴールに沈める。相手に立て直しの暇を与えない連続ゴールで試合の均衡を破ると、同10分には松本が3点目を挙げて勝負を決定づける。さらに同31分には木島のこの日2点目のゴールが生まれ、ダメ押しの4点目。後半にゴールラッシュを見せた宮城第一が4−0で勝利を飾った。

<平成29年度 宮城県高校女子サッカー選手権>
▽予選リーグ
聖ウルスラ 0-4 宮城第一
(35分ハーフ)
得点:
37分 髙橋ココロ(宮城第一)
38分 木島佳保(宮城第一)
46分 松本菜々恵(宮城第一)
66分 木島佳保(宮城第一)