minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[チャレンジリーグ2018]GK今井佑香が体張りゴールを死守、常盤木学園が2年ぶり白星スタート

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

2018プレナスチャレンジリーグEASTは15日、各地で開幕戦が行われた。みやぎ生協めぐみ野サッカー場では常盤木学園高校とつくばFCレディースが対戦。前後半にそれぞれ2ゴールを奪った常盤木学園が4−0で快勝した。

★★★

昨シーズンの公式戦ラストゲームとなった全日本高校女子サッカー選手権1回戦のスタメンのうち、この試合でも先発したのはGK今井佑香、DF軍司美玖、MF加藤栞の3人だけ。通算出場数が5試合に満たない選手が5人いるなど、主力が大幅に入れ替わったシーズンのオープニングゴールは前半14分に生まれた。

右サイドからのクロスをDFがクリアすると、このボールがMF西野朱音のもとにこぼれる。西野は迷うことなく左足を振り抜き、鋭いボールがゴール右隅に突き刺さった。この日がリーグデビュー戦となった西野のゴールで流れを引き寄せた常盤木。その後は高い位置からプレスをかけて相手の自由を奪い、つくばFC陣内に押し込んでいく。

36分には安澤莉子が左サイドから狙い済ましたシュートで逆サイドのゴールネットを揺らし、2−0とリードして前半を折り返す。後半も早い時間帯に中村恵実(2分)、沖野るせり(5分)が追加点。守っては相手のシュートを2本に抑え、2年ぶりの開幕戦勝利を完封で飾った。

★★★

無失点勝利の立役者となったのは、今シーズンからキャプテンに就任したGK今井である。最後尾からのコーチングで守備を引き締め、危なげない戦いぶりだったが、この日最大のピンチが後半21分に訪れた。つくばFCのカウンターを受けて1対1のピンチを迎えると、今井は果敢に前に出て相手のシュートをブロックした。

「去年のつくばFC戦でも似たシーンがあって、(つくばFCに)足の速い選手がいた。”出なきゃ”と体が反応していったら(顔に)当たった。あの時も顔面セーブで、今日と同じですね。きれいに当たりました。どこでも止めれればいいです」と今井。筆者がいた反対サイドからは鮮やかに手ではじいたように見えたシーンは、実は”顔面セーブ”だった。まさに体を張った守備でゴールを守り抜いた。

津田真凛、安澤とともに日テレ・メニーナ・セリアスから加入して最終学年を迎える今シーズンの開幕戦、スタートリストに3人の名前が刻まれた。昨シーズンは第8節で今井と津田が先発したが、リザーブに入っていた安澤には出番が巡ってこなかった。この日、ついに3人揃って同じピッチに立つことを実現させた。

「中3の時にあまり結果がよくなかった代なので、3人とも今出てるから3年前とは違う結果になるように頑張ろうと話したことはあります」と今井は話す。

3人が中2で迎えた2014年の全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権。植木理子(現在は日テレ・ベレーザ)を擁する日テレ・メニーナ・セリアスは優勝を果たした。だが翌年は予選敗退を喫し、全国大会に進むことはできなかったのだ。昨シーズンの悔しさを晴らしたい今年は、3年前と同じ轍を踏むつもりはない。