minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[高校総体2018]6年ぶり決勝に導くV弾!常盤木学園MF津田真凛「自分が勝利に貢献したい」

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2018.8.4 全国高校総体 準決勝 常盤木学園 1-0 藤枝順心]
チームを6年ぶりの決勝戦へ導いた。常盤木学園MF津田真凛(3年)は藤枝順心との準決勝で後半終了間際に決勝点をマーク。「時間がないとわかってて、ゴールを狙っていかなければいけないと思っていた。あとは気持ちで打つだけでした」と歓喜の瞬間を振り返った。

PK戦突入まであとわずかという後半アディショナルタイム7分。中央でボールを受けた柴山史菜(3年)がキープしながら時間を作る。そこに駆け寄ってきた津田にパスすると、ミドルシュートを突き刺した。

今大会は3試合連続ゴールと好調だ。1回戦では中村恵実(3年)、沖野るせり(2年)とつないだボールをワンタッチでシュート。2回戦ではFKからのこぼれ球を押し込んだ。周囲の味方との距離感がよく、いい形でシュートを持ち込んだり、連携できていることが好調の要因でもある。

「距離感は近めにいこうと話していて、(加藤)栞ともいいコンビネーションができている。そこから得点に繋がったので、鍵のひとつかなと思います」と、チームの共通理解ができていると語る。

つぎはいよいよ決勝。日テレ・メニーナ・セリアス時代に全国制覇を経験しているが、出場機会は限られていた。「ずっとベンチで試合に出られていない中での優勝で、心の底から喜べない自分がいた。優勝の一歩手前にきて、自分が勝利に貢献したい。ゴールに繋がるようなラストパスを出したり、チームのために走って優勝したい」と決意を語った。