minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権長野県予選]松商学園が5連覇達成!4−0で東海大諏訪を下す

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2018.9.11 全日本高校女子サッカー選手権長野県予選決勝 松商学園 4-0 東海大諏訪]

全日本高校女子サッカー選手権長野県予選決勝が11日、松本市あがた運動公園多目的広場で行われ、松商学園が東海大諏訪を4−0で下して5連覇を飾った。

大会初戦となった2回戦では佐久長聖と対戦。インターハイ予選でも2回戦で顔を合わせ、先制点を許すなど苦戦を強いられた相手(2−1で勝利)である。大一番とも言える一戦をPKの末に制すると、つづく準決勝では諏訪二葉に15-0と圧勝して決勝に勝ち上がった。

立ち上がりは東海大諏訪がコンパクトな陣形を保ち、中盤でプレスをかけた。これが効果を発揮して、試合は拮抗する。ビルドアップできない松商学園は攻撃にリズムが生まれない。それでも相手にシュートは打たせず、粘りつよく守りながら反撃のチャンスをうかがった。

試合の均衡が破れたのは37分。原田優(3年)、新田安悠(2年)とつなぎ、山本想(2年)が浮き球のラストパス。最終ラインの背後に飛び出したFW小林るりい(2年)は、「トラップして相手に触られるんだったら、確実に打った方が早いなと思った」と右足ダイレクトでゴールネットを揺らし、松商学園が先制した。

1−0で折り返した後半も相手に立て直す暇を与えない。開始直後のことだった。山本のパスに反応した小林はドリブルでペナルティーエリアに侵入。飛び出してきた相手GKをかわすと、今度は左足でゴールに流し込んだ。2−0とリードを広げる。

攻撃の手を緩めない松商学園は30分、山本のコーナーキックから金子佳音(3年)が豪快なダイレクトボレーシュートを叩き込む。その6分後には、ここまで3ゴールをお膳立てした山本にゴールが生まれる。気迫のこもったドリブルでゴールに迫ると、ゴールライン際でGKを抜き去り、ダメ押しの4点目を決める。

試合はこのままタイムアップ。相手にシュートを1本も許さない完封勝利で大会5連覇を飾った。松商学園と東海大諏訪は10月に行われる北信越大会に出場する。