minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権]準々決勝|常盤木学園を4強に導く同点弾!FW中村恵実「真の強い高校チームだと見せつける」

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2019.1.6 全日本高校女子サッカー選手権準決勝 常盤木学園 2-0 日ノ本学園]

初戦から2試合ノーゴールだったエースが大一番で本領発揮した。

第27回全日本高校女子サッカー選手権は6日、準々決勝4試合が行われた。常盤木学園(東北①/宮城)は日ノ本学園(関西②/兵庫)と対戦。開始2分に日ノ本学園MF‪久永望生‬(3年)に先制点を許す苦しい展開から後半に2点を奪って逆転勝ち。昨年夏のインターハイ決勝の再現となった試合を制し、準決勝進出を決めた。

常盤木学園は前半、MF西野朱音(2年)が放ったミドルシュートが唯一のシュート。クロスは日ノ本学園の両CBにはね返され、FWに有効なボールを入れることができなかった。一方、前半終了間際には日ノ本学園のMF川名みのり(3年)、FW古賀花野(2年)に決定的に決定機を作られている。それでも追加点を与えずにハーフタイムを迎える。

「前半はマークも厳しくて、全然うまくいかなかった。簡単にプレーしようと思ったんですけど狭くて、自分のスピードを活かすようなスペースを作ることができなかった。日ノ本は攻守の切り替えが速くてプレスバックも厳しい。できるだけ相手にマークされないようにスペースをイメージしました」(中村)と後半に臨んだ。

後半に向けてベンチも動いた。高い位置でボールを運べるMF加藤愛(2年)に代え、MF津田真凛(3年)を投入。今大会はベンチスタートの津田だが、今シーズン開幕からスタメンで出ていた選手。味方との絶妙な距離感でプレーしながらチャンスを作ることができ、3年生との息もピッタリだ。

反撃の狼煙をあげたのは後半12分。自陣で相手スローインを奪うと、津田、FW加藤栞(3年)と素早くつなぎ、FW安澤莉子(3年)がスペースに出したボールにFW中村恵実(3年)が走り込む。ドリブルで運んだ中村は思い切りよく右足を振り抜くと、ボールはGK頭上を越えてゴール左隅に突き刺さった。

「ヤス(安澤莉子)がダイレクトでスペースに出してくれた。そこで自分がスピードに乗れて、弾丸(シュート)が打てたと思います。(シュートは)コースというよりはボールを見て、芯に当てるという感じで打ちました」(中村)

つづく後半23分には加藤がドリブルで左サイドから中に切り込む。加藤がゴール前にパスすると、中村がDFと競り合ったボールが津田のもとへ。フリーとなっていた津田が右足でゴールネットを揺らす。この得点が決勝点となった。

「自分が決めるかどうかよりチームが勝つかどうかだと思う。チームの勝利に貢献できたことが一番嬉しい」と今大会初ゴールの中村。この大一番でFWとしての役割をきっちりと果たしたエースは、今大会にかける想いを次のように話した。

「インターハイで勝ったのはまぐれではないと証明したい。真の強い高校のチームだと見せつけたいという思いでこの大会に臨んでいます」

自分のゴールよりチームの勝利。その先の全国制覇、夏冬二冠を虎視眈眈と狙う。”自分たちが新たな歴史を作っていこう”と臨んだインターハイからつづくストーリーはまだ終わらない。