minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[東北女子サッカーリーグ]めざすはトップ昇格!常盤木セカンドがゴールラッシュで白星発進

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2019.4.14 東北女子サッカーリーグ第1節 ふたば未来学園 1-9 常盤木学園セカンド]

東北女子サッカーリーグは13日、14日に各地で開幕。常盤木学園高校セカンドはアウェイでふたば未来学園高校と対戦した。

常盤木は先月(2019年3月)、セカンドチームの2、3年生でめぬまカップと尚美学園大学フェスティバルに参加。その遠征メンバーを主体に、新1年生らが加わったメンバー構成でシーズン初戦に臨んだ。

試合は9分に失点する苦しい立ち上がり。22分に山田彩葉のゴールで試合を振り出しに戻すと、後半はゴールラッシュ。8点を奪って、9−1で逆転勝利を収めた。

相手の術中にはまった前半


序盤は最終ラインを押し上げ、コンパクトにした中盤でボールを奪いにきた相手の術中にはまった。狭いスペースでのパスやドリブルを奪われ、カウンターを浴びた。9分の失点もこの流れから喫している。

13分にはふたば未来学園FW渡辺未来が最終ライン中央を悠々と抜け出し、ペナルティーエリア内に侵入。素早く前に出たGK根子直弓がシュートコースを消して事なきを得たが、悪い流れが止まらない。

常盤木は相手最終ラインの背後にあるスペースを使えず、攻撃が手詰まりとなっていた。足もとでボールを受けては敵に囲まれ、奪われるという悪循環に陥っている。ベンチからも指示が出されていたが、なかなか修正できない。

きっかけは選手同士のコミュニケーションだった。スペースへボールを出すよう、常盤木の中盤の選手とFW加賀見律紗が声を掛け合う。すると、すかさずスペースにボールが出てきた。そのボールに反応した加賀見が右サイドを突き、最後は山田の同点ゴールにつながった。



後半にゴールラッシュ


0−1で折り返した後半は5人の交代枠を目いっぱい使い、次々とフレッシュな選手を投入する。

後半途中から投入された山本は得意のドリブルで幾度もゴールに迫り、ハットトリックを達成。CFとして前線で起点となり、ボールを収めて周囲の攻め上がりを促し、自身もDFと駆け引きしながらゴールを窺った。

前述しためぬまカップではエース格として、プレーしていた選手である。そんな選手が後半から出てくるのだから、疲労の色を濃くしていた相手DFにとってはたまったものではない。時間の経過とともに「選手層」と「90分ゲームの慣れ」がアドバンテージとなった。

セカンドチームから突き上げに期待


東北リーグの上位チームには皇后杯東北大会の出場権が与えられる。だが、常盤木はチャレンジリーグ枠でトップチームが出場権を持っているため、セカンドチームに権利は与えられない。だが、選手たちにとっては、ここでの一試合一試合がトップチーム昇格へつながる大切な機会でもある。

昨年は北川愛莉、佐々木涼花など、春の時点ではセカンドチームにいた選手がトップチームに昇格し、レギュラー争いを活発にした。それがインターハイ初優勝、選手権準優勝の要因のひとつとなっている。

今年はめぬまカップに参加したメンバーから鈴木彩心、本間桃がチャレンジリーグ開幕戦のメンバーに選ばれてる。ふたりともリザーブメンバーに名を連ね、鈴木は85分に途中出場した。

セカンドチームがセカンドチームであっては、チームは強くなれない。鈴木、本間につづく選手の出現に期待したい。