minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[神奈川県高校総体]湘南学院・吉川麗が決勝点!複数ポジション起用で成長した2年生FW

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2019.5.6 神奈川県高校総体 決勝 星槎国際湘南 0-1 湘南学院]

日替わりでヒロインが生まれるところも今大会の湘南学院の特徴だ。

準々決勝(vs 伊勢原)では右SBとしてプレーした中道はな(2年)がハットトリック。10-0で大勝を飾ったその試合でノーゴールに終わって涙した岩佐祐美(3年)は、準決勝 (vs 藤沢清流)で値千金の決勝点を挙げている(1-0で勝利)。

そして星槎国際湘南との決勝でチームを勝利に導いたのは、FW吉川麗(2年)である。前半29分、石井絵真(2年)が放ったコーナーキックのボールを「得意です」と本人も自信を持つヘディングでゴールネットを揺らした。

「(石井)絵真がいいボールを出してくれた。何度も練習してきた形なので、本番で決められてとてもうれしかったです」と、慣れないインタビューに初々しく答えてくれた。

準決勝では決定機を決めきれず、ピッチに崩れ落ちて悔しさを露わにした。

後半27分に岩佐が決めた先制点を守り切り、1-0で勝利した藤沢清流との一戦。前にも述べたとおり、吉川は二度の決定機を外している。

後半14分にはスペースに抜け出し、ドリブルでゴール前へ。後半23分にも北川心子(2年)のスルーパスに走り込んだ。いずれもGKと1対1となる決定的チャンスだったが、吉川が左足で放ったシュートは枠を捉えることができない。

いずれかのシュートを決めていれば、もっと試合を楽に運べたのかもしれない。それでも自陣で守る時間が長くなる中、ドリブルで幾度もスペースを突くことで相手の脅威となり続けた。

「清流戦ではフォワードとして出させてもらったんですけど、チャンスを決めきれなかった。チームに貢献できなくてすごい悔しい思いをしたので、今日は絶対に決めたいという思いで挑みました」(吉川)

本人は反省しきりだったが、準決勝でも勝利に貢献するプレーをしたことに疑いの余地はない。さらにその悔しさを糧として、決勝ではしっかりと結果を残してみせた。



スピード、そして推進力のあるドリブルを武器とする。準々決勝ではボランチ(後半はトップ下)、準決勝はフォワード、決勝では右サイドハーフ(後半は左フォワード)を務め、怪我人が多いチーム事情などから複数のポジションを任された。

様々なポジションでプレーする中、”一番しっくりくる”というフォワードとしてプレーする上での決意も固まった。様々なポジションを経験したことについて、こう語っている。

「フォワードが一番相手チームのゴールに近いので、ボールを持ったら勝負しなきゃいけないということを学んだ。後ろの仲間たちが精一杯止めてくれているから、その思いを背負って今日はフォワードとして走りました」

次はいよいよ、インターハイ出場がかかった関東大会である。いかなるポジションでプレーしようとも、フォワードとしての誇りを忘れずピッチに立つ。