minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権]チームの危機を救った1年生、堀内意は優勝カップを掲げた先輩に憧れて藤枝順心へ

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

[2020.1.12 全日本高校女子サッカー選手権 決勝 藤枝順心 1-0 神村学園]

その出番は突然にやってきた。

日ノ本学園との2回戦。前半終了間際にDF井手ひなた(1年)が負傷。プレー続行不可能となり、後半開始からピッチに送り込まれたのが1年生MF堀内意(こころ)である。

右サイドバックで先発した宮本仁奈がCBに移り、その穴を埋める形で投入された。規定の80分をスコアレスで終えると、試合はPK戦に突入。2−3で迎えた後攻の5人目、成功すれば勝利が決まるという大事な場面でペナルティースポットに立ったのは、なんと堀内だった。

「技術がしっかりしていて、思ったところにボールが蹴れる。あとはひょうひょうとしているのであまりプレッシャーを感じない」と多々良和之監督。その指揮官の期待に応えるように、堀内は右足を思い切り振り抜くと、日ノ本学園GK小笠原梨紗(3年)の逆を突いたボールをネットに突き刺している。



センターバックの負傷という危機をおさめると、修徳との準決勝では再び右サイドバックとしてスターティングイレブンに名を連ねる。ここまで3試合はすべて途中出場であり、今大会初スタメンだ。

本職はボランチだが、藤枝順心に加わった今シーズンは右サイドバックとプレー機会が与えられた。戸惑いはなかったのだろうか?

「ボランチは360度から相手が来るが、サイドバックだと180度なので、相手がしっかり見れるからやりやすい。逆サイドからクロスに対して、ボールと相手を同一視野に入れなければいけないので、体の向きを作るのが難しいです」と堀内。慣れないポジションで自身をどう活かすか、試行錯誤を続けてきた。

右サイドで縦のコンビを組む小原蘭菜(3年)はこの日、池口響子(3年)の先制点を御膳立てするなど存在感を放っていた。小原のプレーを活かすため内よりにポジションを取ってサポートし、自身も積極的にボールを呼び込み攻撃の起点となった。

「自分があまり前にどんどん上がってスピードで行くというタイプじゃないので、そこは蘭菜さんが高い位置とって自分は中で蘭菜さんのスペースを作るという意味で内側に入ってプレーしました」

後半途中には浅野綾花(3年)が最終ラインに下がり(浅野がCB、CB宮本が右SBへ)、堀内はボランチへ上がる。後半開始早々、修徳に同点ゴールを許し、バタついたチームを落ち着かせる役割を任された。

「ボランチなのでやっぱりサイドチェンジだったり散らす役割なのでそこはボールをどんどん受けにいって、もう少し展開できたら良かったなって思います」と反省する。それでも浅野を最終ラインに下げて、チームを落ち着かせることができた。交代枠を使わず、こうした変更ができるのは堀内の成長あってこそである。

そして、12日の決勝戦でも右サイドバックとしてフル出場した。途中出場、試合中のポジションチェンジなど、今大会は試合の状況に応じて求められる役割をこなしながら、安定したプレーを披露した。ゴール、アシストいう目立った結果はないものの、優勝に貢献するプレーをしたことに疑いの余地はない。

日テレ・メニーナ・セリアス時代、中2で出場した全日本U-15女子サッカー選手権大会でのワンシーン。 日テレ・メニーナ・セリアス時代、中2で出場した全日本U-15女子サッカー選手権大会でのワンシーン。

日テレ・メニーナ・セリアス出身。昨年度の全日本U-15女子サッカー選手権大会では10番を身にまとい、チームの準優勝に貢献している。

目標とするのは2年前の選手権でキャプテンを務め、優勝カップを掲げた千葉玲海菜(筑波大学)。彼女に憧れ、藤色のユニホームに袖を通した。「ボランチでもゴールを狙えるし、チームをまとめるゲームメイカー」と、千葉の印象を語るように、同じボランチである自身と重ね合わせる。

今大会、ダブルボランチを務めた浅野と金子麻優はともに3年。新チームではボランチを任されることになるだろう。堀内をボランチに据えた新チームの藤枝順心は、ピッチにどんなサッカーを描くのだろうか。