minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[FIFA女子W杯]ドイツ、オランダ、ベルギーが3ヶ国共催で27年大会に立候補

トピックス みなサカ編集部
ドイツサッカー連盟(DFB)は20日、ドイツ、オランダ、ベルギーの3ヶ国共同でFIFA女子ワールドカップ2027を招致すると発表した。

三国のサッカー連盟が発表した声明によると、FIFAとUEFAに対して招致の意向が伝えられている。今後数ヶ月で詳細をまとめ、年末までに正式に合意するという。

「ホスト契約を結ぶまでのハードルの高さは承知います。しかし、私たち組織の経験、新しいDFBの強み、そして国際協力の見通しにより、私たちは将来を楽観的に見ています。ドイツで開催するユーロ2024の後、FIFA女子ワールドカップ2027はサッカーの歴史におけるもう1つのハイライトとなるでしょう」とDFBのフリッツ・ケラー会長はコメントしている。

ドイツは11年に女子W杯、オランダは17年に女子ユーロを開催したことがある。