minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[選手権愛知県予選]2年ぶり優勝を引き寄せる先制弾!急遽出場も役割を全うした聖カピの主将・山田まりあ

先制点を挙げ、仲間に祝福される山田(写真中央) 先制点を挙げ、仲間に祝福される山田(写真中央)

[選手権愛知県予選決勝 至学館 0-2 聖カピタニオ女子]

急遽、出番を与えられたキャプテンが自身の役割を全うし、聖カピタニオ女子を2年ぶりの優勝、東海大会へ導いた。

話は前日(23日)の準決勝・豊川戦にさかのぼる。前半アディショナルタイム、左SB井川玲菜(2年)が負傷する。交代を余儀なくされて井川に替わって、ピッチに送り出されたのがキャプテンの山田まりあ(3年)だった。都筑かんな(3年)からキャプテンマークも受け取った。

そして翌日の決勝では同じポジションでスタメン出場する。試合は立ち上がりから聖カピタニオが両サイドに起点を作って、ゴールを窺う。そして迎えた前半10分、右サイドの崩しからボールは左サイドへ。そこに立っていたのは左サイドバックの山田だ。

「スペースを狙おうと思ってそこに立っていた。ゴールが見えたので打つしかないと思って蹴りました」と、右足を振り抜くと、鋭いシュートがゴールに突き刺さった。

「本当に急遽(の出場)ですけど、よくインサイドで落ち着いて決めてくれたなと思います。殊勲者だと思います」と、多田利浩監督も手放しで喜んだ。



しっかり決め切ったシュートはもちろんだが、サイドバックながらシュートを狙える位置にポジションを取っていたことが特筆に値する。

「相手が3バックで両ウイングバックが下がるのはわかっていた。サイドバックには高い位置でやらせたいと思っていた」と多田監督が語るとおり、聖カピタニオは両サイドバックが高い位置をとり、3トップやインサイドハーフと関係性を作りながらサイドを攻略する。

後半30分に決まった2点目も右SB浦前彩楓(2年)のシュートがクロスバーに当たり、FWオーライリー詩奈(1年)がリバウンドを詰めたものだ。この日はチームとして狙い通りの形でゴールを奪うことができた。

守備にかんしても相手のシュートを3本に抑え込んでいる(公式記録によるシュート数)。無失点に抑えることが出来た要因のひとつは、プレスバックだ。サイドハーフが自陣まで戻り、サイドバックとともに相手を挟み込む。至学館の武器である両ウイングによる仕掛けを封じ込めている。「そういう練習をしてきたので、それが出来ていた」と、山田はきっぱりと言い切った。

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!

キャプテンに就任した今年は我慢の日々が続いた。春は怪我に泣き、毎年恒例となっているめぬまカップでも試合に出場することは出来なかった。怪我が癒えたあともスタメン復帰は叶わない。そして、負傷交代した選手の代役という難しい役回りを託される。

「キャプテンとしてスタートから出られないのは悔しかったんですけど、出れることに感謝して頑張ろうという気持ちで途中からやりきりました」と、山田は急遽出場することになった心境を語った。決して腐らず、諦めず、気持ちを切らさない。チームの危機を救うばかりか、ゴールという結果で応えてみせた。

「キャプテンでありながら不本意な日々を過ごしていたんですけど、彼女は決して腐らずにやりきりましたね。日頃の努力が今日のゲームに出たんじゃないかなと思います」。見守ってきた多田監督も目を細める。奇しくもふたりが口にしたのは「やりきる」という言葉だった。

求められた役割をやりきり、自身で壁を乗り越えた聖カピタニオのキャプテン。2年ぶりに挑む東海大会でもその存在感は増してくるに違いない。