minasaka.net

日本女子サッカーの"今"が分かるWEBマガジン「みんな@サッカー」

[高校選手権]1回戦|京都精華が初出場の明桜に逆転勝ち、入院中の越智監督に勝利届ける

トピックス Takuma Omori(みなサカ編集長)

監督不在で大会初戦に臨んだ京都精華イレブン。キャプテンの山下えりい(1列目真ん中)が持つ人形は越智監督か? 監督不在で大会初戦に臨んだ京都精華イレブン。キャプテンの山下えりい(1列目真ん中)が持つ人形は越智監督か?



第24回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が3日に開幕。みきぼうパークひょうご第2球技場では京都精華女子(関西4/京都)と明桜(東北3/秋田)が対戦した。

昨年度のインターハイ準優勝の京都精華に創部4年目で全国初出場を果たした明桜が挑んだ一戦。先にゴールネットを揺らしたのは明桜だった。24分、右に展開したボランチの大場綾乃(2年/Craque JFC)がそのままゴール前へ。右サイドから佐藤七穂(3年/秋田LFCユース)が折り返したボールをダイレクトでけりこんだ。明桜にとっての全国初ゴールが決まり、1-0とリードを奪う。

対する京都精華もすかさず反撃する。26分に山下えりい(3年/京都精華女子中学校)のゴールで試合を振り出しに戻すと、続く32分には金塚咲恵(3年/京都精華女子中学校)のスルーパスに抜け出した田畑春菜(2年/京都精華女子中学校)がゴールネットを揺らして逆転に成功。後半も3点を追加した京都精華が5-1で逆転勝利を収め、年末に病気で緊急入院した越智健一郎監督に勝利を届けた。

京都精華は4日に行われる2回戦で大商学園(関西1/大阪)と対戦する。

<試合結果>
京都精華女子 5-1 明桜
(40分ハーフ)

▽得点
24分 大場綾乃(明桜)
27分 山下えりい(京都精華)
33分 田畑春菜(京都精華)
48分 白鳥早耶(京都精華)
66分 中松海里(京都精華)
68分 白鳥早耶(京都精華)